Scroll

表彰事業

事業概要

1. 事業の目的全国の中小企業の中から、 経済的、社会的にすぐれた成果をあげている企業を選び、
「グッドカンパニー大賞」 を贈って顕彰し、 わが国の中小企業の発展に資することを目的とする

2.「グッドカンパニー大賞」の概要
(1)表彰の対象
中小企業基本法に定義する中小企業で、創業あるいは設立後3年以上の法人企業及び個人企業。
ただし、上場企業又は中小企業基本法に定義する中小企業の基準を超える会社の子会社・関連会社は除く。

(2)表彰種別、表彰基準
【グランプリ】
経営の刷新、技術開発、市場開拓、流通改革の分野において、特に顕著な成果をあげ、
優れた内容を有する企業であって、最近3年間の業績推移が相当なものであり、今後も伸展が期待される、
全国水準において優れた企業。

【優秀企業賞】
経営の刷新、技術開発、市場開拓、流通改革の分野において、特に顕著な成果をあげ、
優れた内容を有する企業であって、最近3年間の業績推移が相当なものであり、今後も伸展が期待される、
全国7地区(※)においてグランプリに準ずる優れた企業。
※7地区・・・北海道・東北、関東、北陸・甲信越、東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄

【特別賞】
省資源、環境保全、内需開拓、雇用福祉、地域振興など現代社会の緊要な要請に対して
特に貢献度が高い企業であって、最近3年間の業績推移が相当なものであり、
将来性があると認められる企業。

【イノベーション事業化推進賞】
新事業・新技術の独創性、革新性に秀でており、事業として売上成果をあげているとともに、
将来性があると認められる企業。

(3)賞の内容
表彰企業に対し、表彰状、純銀メダル及び奨励金を贈呈する。

(4)候補企業の推薦
文部科学省、各経済産業局・沖縄総合事務局経済産業部、商工会議所(連合会)、商工会(連合会)、
東京・名古屋・大阪中小企業投資育成株式会社および独立行政法人中小企業基盤整備機構に推薦を依頼する。

(5)審査委員会
表彰企業の選考及び毎年度の表彰事業の運営方針・計画等について、
審査委員会は、補佐機関である審査専門委員会の審査・検討結果の上申を基に審議・決定する。

 

審査委員


(2022年10月5日現在・50音順)

審査委員長

大塚 紀男 日本精工株式会社 名誉顧問

審査委員

石田 徹 日本商工会議所 専務理事
井水 治博 株式会社日刊工業新聞社 代表取締役社長
大櫃 直人 株式会社みずほ銀行 常務執行役員
野 然生 中小企業庁長官
濱野 幸一 特許庁長官
村山 宣光 国立研究開発法人産業技術総合研究所 副理事長
森 晃憲 文部科学省 研究振興局長
米田 健三 株式会社日本政策金融公庫 代表取締役専務取締役

審査委員長

大塚 紀男
日本精工株式会社 名誉顧問

審査委員

石田 徹 日本商工会議所 専務理事
井水 治博 株式会社日刊工業新聞社 代表取締役社長
大櫃 直人 株式会社みずほ銀行 常務執行役員
角野 然生 中小企業庁長官
濱野 幸一 特許庁長官
村山 宣光 国立研究開発法人産業技術総合研究所 副理事長
森 晃憲 文部科学省 研究振興局長
米田 健三 株式会社日本政策金融公庫 代表取締役専務取締役
タイトルとURLをコピーしました